【画像】北朝鮮が隠したい現実

 

1: \(^o^)/

no title

北朝鮮に6回行った写真家のEric Lafforgue氏は、撮影を禁じられた写真のデータを密かに持ち帰ってきました。

「2012年9月にインターネットで写真を掲載すると、その日を最後に訪朝を禁止された。私の写真はすべて北朝鮮により検閲を受け、不快・無礼という理由で写真の削除を求められた。しかし、この国の現実を公表しないことはおかしいと思い、私は写真の削除を拒否した」
Lafforgue氏は写真の公開についてこのように語りました。

それではご覧ください、これらが北朝鮮が他国に見られたくなかった写真です。

2: \(^o^)/

寝ている兵士。この写真が決め手となり、訪朝禁止に。
no title

3: \(^o^)/

大勢の兵士の中央に立っている女性。当局は軍隊の撮影を禁じている。
no title

4: \(^o^)/

北朝鮮軍は、世界で最も重要なものの1つだと言われてる。しかし、この国を旅していると、兵士が農民の手伝いのような下働きをしているのをよく見かける。
no title

5: \(^o^)/

都市部から離れるとこのような光景は一般的。
no title

6: \(^o^)/

平壌市内にある地下鉄は核シェルターを兼ねて作られているため、世界でも最も深いところに作られている。トンネル部分が映り込んでいるため、削除を求められた。
no title

7: \(^o^)/

北朝鮮の当局者はこういった写真を撮られるのをとても嫌う。貧困は世界中に存在することを彼らに説明しても、貧しい者の写真を撮ることは禁止される。
no title

8: \(^o^)/

不景気(いつもだけど…)の時には子供たちが農作業する姿が見られる。
no title

9: \(^o^)/

ブラックマーケットは厳格に禁じられているため、グレーマーケットが横行している。タバコやお菓子を売り小銭を稼ぐ。
no title

10: \(^o^)/

金正日(キム・ジョンイル)生誕祭では、様々な記念碑を訪問するために、数千人の北朝鮮人が列を作らなければならない。
no title

11: \(^o^)/

平壌は北朝鮮の顔だとされているため、建物も外観はしっかりと整備されている。しかし、内部をのぞくと物寂しい真実が明白になることもある。
no title

12: \(^o^)/

平壌市内では車が普及してきているが、それらに慣れていない人もちらほら。車が全然なかった時と同じように大通りで遊ぶ子供たち。
no title

13: \(^o^)/

ある夜ホテルへの帰路。古い建物に差し掛かったとき、カメラのフラッシュを焚かないようガイドに求められる。理由は、人々が怖がるのを避けるため、とのこと。
no title

14: \(^o^)/

地方の家庭を訪問。北朝鮮政府によって慎重に選別された世帯ではあるが、貯水タンクとして使われている浴室はここでの生活の厳しさを物語る。
no title

15: \(^o^)/

主要な街を結ぶ公共交通機関はほぼ存在しない。市民が都市を移動する際には、許可が必要となる。高速道路では、手を上げヒッチハイクする兵士の姿も。
no title

16: \(^o^)/

貧困を見せるのは禁止されているが、同様に富を表に出すのも大きなタブーとなっている。日曜日の夕刻、公園で北朝鮮エリートのものと思われる車を発見。持ち主はバーベキューをしていた。
no title

17: \(^o^)/

兵士がリラックスしている様子を写真に撮ることも禁止されている。
no title

18: \(^o^)/

栄養失調の姿を撮影するのも禁止。
no title

19: \(^o^)/

様々な種類の食べ物や飲み物が平壌市内にある2つのスーパーマーケットで売られており、ユーロやウォンで購入できる。ここで買い物できるのは選ばれた人たちだけである。
no title

20: \(^o^)/

サーカスではない。安全基準が低いこの国で働く労働者の姿である。
no title

21: \(^o^)/

平壌市内のイルカショーを訪れればイルカの写真を撮ることが可能。しかし観客の99%を占める兵士はフレームに収めてはならない。
no title

22: \(^o^)/

北朝鮮人には強い被害妄想が根付いている。疲れきった母親とベンチで休む子供の写真を遊園地で撮った。しかしガイドは、私がホームレスだと思うと確信したのだろう、写真の消去を求めて来た。
no title

23: \(^o^)/

金日成(キム・イルソン)の銅像の下に、ほうき。絶対にあってはならない光景。
no title

24: \(^o^)/

この手の写真は西洋諸国では広く知られているものだが、北朝鮮の人は公園の草を食事にすると説明されることがしばしばであろう。こういった写真を撮影するとガイドは激怒する。
no title

25: \(^o^)/

北朝鮮の子供がコンピューターを持っている様子を世界に公開するためであれば、ガイドは嬉々として写真撮影を許可してくれる。しかし電気が通っていないことが分かる写真を撮れば、削除は必至だ。
no title

26: \(^o^)/

金一族の銅像を後ろから撮ることは失礼に値するとされ、禁止されている。
no title

27: \(^o^)/

バスを待つ行列。
no title

28: \(^o^)/

故障したバスを押している様子。
no title

29: \(^o^)/

平壌のアートセンターでは毎日のように停電にあった。停電が起こると、アメリカによる制裁措置だと説明された。
no title

引用元: news.com.au

  海外

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

  関連記事

  プロフィール  PR:無料HP  免許合宿 口コミ  情報処理 専門学校  コニ  中古ホイール 茨城  タイヤ セレナ 格安  体育教員 大学  クルマパーツ  パワーストーン初購入♪  物流 東京  イーキャピタル 口コミ  インプレッサ スバル 中古  名簿屋